Top > ニュース > 面白い技

面白い技

「スプレッド」とはFX投資は外貨を買ったり、売ったりすることによって利ざやを生み出す取引です。

買ったり売ったりの価格は、動いています。

これが為替レートです。

テレビを見ていると、通貨のマーケットのニュースが流れる場合があります。

 

「ドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという事ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを意味しています。

 

売買には買値と売値の両方の値が存在します。

 

売値のことをビット、買値の事をアスクと表現しているFX会社も存在しています。

 

普通は売値の方が買値よりも低く決められています。

自分が買値は高く、売値は低くなるはずです。

この差分をスプレッドといい、FX取引会社の儲けとされています。

 

スプレッドの広さはFX会社によって変化します。

 

スプレッドは手数料になるので、小さい業者を選んだほうが得します。

 

ただ、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

仮定として普段は円とドルの通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さとは言ってもレートの上げ下げがとても大きい場合には1銭よりも大きくなったりする場面があります。

そのため、スプレッドが狭いのと同様に安定しているのが大事です。

 

今では固定したスプレッド幅を示す取引業者もたくさん存在します。

 

現実にFX業者の売り買い画面内で現実の相場を確認しなければ判別できないのでわずらわしいですが、必要不可欠な事です。

 

多くの投資資金を投入して売買をするのですから本当の売買の前に興味を持ったFX取引会社の取引口座開設をどんどんして提示されているスプレッドの差を見ておきましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その時間帯の外国為替市場の条件によって外貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

いつもはインターバンクで取引高が多い通貨ペアではスプレッド幅が狭く、あとのペアではスプレッドが広がるのが普通です。

 

ニュース

関連エントリー
面白い技